Category: ベッティング

サッカー オッズ

サッカーでベッティングの際に従う7つの黄金のルール

これらは技術的、感情的、分析的豆記事の組み合わせで、ベッティングバンクロールの確立に向けた正しい道を設定するはずです。 1) サポートするチームに賭けないこと。これは、サッカーの賭けの世界で絶対的な罪です。しかも感情的な賭けの典型的な例で、できるだけ避けるように皆さんに力説することです。ゲームの大半において、潜在的にお気に入りのチームに対する先入観が入り込んで、予測ではなく望みを持って、十分な知識を持たずに刺激されて賭ける見通しを持ち続けることが多くなります。大まかに言えば、賭けの行動とお気に入りのチームを完全に切り離しましょうということです。潜在的に多くのお金を節約するだけではなく、失望させられた場合にお気に入りのクラブに対してひどく腹を立てることもありません。 2) 最高のオッズで購入する:マンネリ化して深みにはまって、いつもの同じ馴染みのある所に賭けることは簡単です。ここ10betJapanでは、山ほどあるさまざまなブックメーカーの間の相互参照のオッズをうんと簡単にして、皆さんが選択にあたって最高の可能性があるサッカーのオッズを得られるようにします。これらの違いはさほど重要ではないように思うことが多いのですが、1年で何百ものベットを置いている場合には、シーズン終了のレビューをする時に、この利益のごくわずかの追加がバランスシートの大きな違いとなることがあります。 4) 宿題をすること:サッカーはまさにグローバルなゲームなので、試合に向けて知識の宝庫を確立するために、まさに文字通りに中身が山ほどあります。自分の意見で賭けたいから予想屋に従うことには関心がないと感じるかも知れません。ですが、あなたの選択をまとめる時に予想屋のセオリーや推理を考慮することに害は一切ありません。このような人たちの多くは、皆さんのために本当によく働いています。フォーム、ケガ、最終結果の決定を成功させるその他のプレイ条件を研究します。ですから、こういった人たちを利用して、賭ける前に自分自身でよく知っておきましょう。 5) 自分の賭けを追跡する:これは明らかなことのように思えますが、それでもやはり2020年には大半のパンターが賭け履歴を追跡「しません」。どういう意味かって?まず、投資に最大のリターンを届ける市場の追跡維持はほぼ不可能で、バンクロール管理の問題も作用し始めるということです。 6) ホーム・アンド・アウェイテーブル:リーグ総合勝敗表を見ると全体像が見えてきますが、サッカーのベッティングとなると、細部に落とし穴が潜んでいます。ごくごく平凡なデータでも、ホーム・アンド・アウェイテーブルは次の試合に向けたチームのチャンスについて大きなストーリーを伝えることができます。ダービー・カウンティを例に挙げましょう。総合勝敗表では12位ですが、2つのテーブルに置かれた場所を見てみましょう。ホームスタジアムで行った試合では、2位ですが、アウェイテーブルでは残留ゾーンの少し上をうろうろとしています。これを使うだけで、ダービー・カウンティが今後の試合でどのようにプレイするのかを解読する際に、簡単にアクセスできるデータは大きなメリットとなります。 7) 接戦履歴:無視されがちですが、2つのクラブの最近の接戦履歴を時々見てみると、敵の対照的なスタイルにチームがどのように戦っているのかという洞察を少し与えてくれることがあります。恐らく、辛抱強くポゼッションフットボールをプレイするチームは、もっと直接的で攻撃的な敵に奮闘していて、これが、過去数シーズンに渡る以前のゲームの結果を反映することがあります。注目したいと思っているリーグのチームのプレイスタイルを研究して、それから、さまざまなタイプの対戦相手への実践に向けて、いかにうまくチームに期待するのかを一見するために接戦記録のこの知識を組み合わせましょう。 90種類以上のスポーツにオンラインで賭けよう。最新のオッズ、ライブベッティングに最新ニュース、スポーツ試合のライブストリームを堪能してください。No.1オンラインスポーツベッティングサイトである10Bet Japanでベットを楽しみましょう!

0 commentsサッカー 賭けスポーツ 賭けベッティング